占術の種類

占いは大きく分けて「命」「卜」「相」の3種類に分類されています。

命術

人の運命や定めを占うもので主にその人の「生年・月・日・時」を基に占うものです。

どのような環境に生まれ育って性格を形成し、職業を選択しどのような人と結婚し、どんな病気に患うかなど、その人の運命の軌道と周期を算出します。この様な事を推命とも言います。

代表的な命術

星座占い

生まれた日により12の星座宮に分けた占いです。良くテレビや雑誌などで触れる事ができます。

九星気学

生まれた年月日の九星と干支、五行を組み合わせた占術で方位の吉凶を知る為に使われる事が多いです。現代の日本では最もポピュラーな占術の一つです。

算命学

ひとりひとりの生年月日に基づき、持って生まれた性質や性格、恋愛や結婚、職場の人間関係、健康など人生にまつわる宿命的な鑑定を得意とする占いです。
 

卜術

人が関わりあう問題や事柄の未来や吉凶を占うものです。

主に占おうとした時の占機をもって占います。例えば、仕事や事業の成否、恋愛・結婚の成就、病気の安否等、その過去の状況、現在の状態、これからの展開などが占う事ができます。

命術で出た答えは、避ける事がは難しいですが、卜術ででた答えはそれを予知すれば避ける事ができます。

代表的なト術

タロット占い

カードをシャッフルしそこから偶然出てきたカードによって質問の答えを導きます。タロット占いの基本にあるのは占いを行った際、一見たんなる「偶然」に出てきたように思われるカードも質問者に対してなんらかの意味を持つという考えです。

易占い

細長い棒を混ぜ合わせ、それを二つに分けその別れた内容を見て物事の吉凶を占います。
 

相術

目に見える対象の姿や形を見て、人への影響や吉凶を見る占いの事です。

主に占う対象の相(そこに現れた形)を基に占います。その人の性格や運勢を導き出します。
人の相は過去の現れであり、またある程度未来を予測する事も可能です。

代表的な相術

手相

手のひらに現れる線や肉付きをはじめとする手の形態に着目してその人の性格や才能、素質、健康状態、運勢の良否を判断する方法です。

風水

今から約四千年前に中国で発祥した「気」の力を利用した開運のための環境学の事を指します。「環境が運を決める」これが風水の基本的な考え方です。

姓名判断

人の姓名からその人の性格や人生の適職や恋愛傾向、結婚運、家庭運、かかりやすい病気など一般的に運勢として総称される事柄について解釈を与える占いの手法の一つです。