電話占い業界用語集

電話占いでは、普段耳にしないような独特な言い回しや口コミで使われている業界用語などがあります。覚えておくと口コミをみる時などに便利です。

電話占いで良く使う用語

アゲ鑑定・サゲ鑑定

悪い結果を伝えずに良い結果ばかりを伝え当たり障りない展開で鑑定を終わらせるような事を「アゲ鑑定」と言います。

相談者の気分を良くしリピートを狙うとアゲ鑑定になってしまいます。また、占い経験が浅い占い師もアゲ鑑定になってしまいます。

またアゲ鑑定とは逆の意味の「サゲ鑑定」という言葉もあります。相談者が望んでいないような事や傷つけてしまうような事をいう占いの事です。

アゲ鑑定もサゲ鑑定もあまり相談者からは良く思われません。占い師を目指している方はやらないように心掛けて下さい。

コールド

コールドとは、コールド・リーディングの事で、相談者が相談してきた相談内容から推測してそのままの内容を話したり、相手の話す内容から推測して話を合わせて当たっている風を装う話術の一種です。

あまり質問をしすぎたりすると、相談者からコールドしているのでは!?と疑われてしまいます。コールドはあまり良く思われていませんので注意が必要です。

ジプシー

ジプシーとは自分の望む結果が出るまで様々な占い師の間を渡り歩い散財してしまうことです。

大吉がでるまでおみくじをする人がいますが、そういった感覚で満足がいく結果がでるまで占いをしてしまうという意味で使われます。

サクサク

「○○先生はサクサク鑑定してくれました!」という様に使われますが、的確でストレスの無い鑑定展開の早さや結果をはっきりと伝える気持ちの良さや歯切れの良い時に用いる表現方法の一つです。

相談者にサクサク鑑定は好まれます。口コミ等に書かれていたら褒め言葉と受け取っても良いでしょう。

寄り添い系

相談者の心の痛みを理解し、親身になって一緒に分かち合ってくれる占いスタイルになります。
相談者の方には寄り添い型を望んでいる方も多くいらっしゃいます。

ブレる

鑑定結果が外れていた事や前回の鑑定時の答えと変わっていた際に用いられる表現方法になります。

引き延ばし

占い師が鑑定時間を稼ぐために話しを脱線させたり身の無い会話をする事。

鑑定結果や相談者の問いに応える為の引き延ばしは大丈夫ですが、「お時間は大丈夫ですか?」とこまめに聞く事が大切です。
確認して引き延ばすのと確認もせずに引き延ばすので印象が変わってきますので時間が思ったよりも長くなってしまう場合は確認するのをオススメします。